A Noob In World of Warcraft

How to Quest?

QuestはWoWをplayする上で欠かせません。経験値を得るだけではなく、お金やGearといった報酬、Skillを習得する、特定のエリアに行けるようになる、そういった目的でもQuestを進めて行く事になります。MMORPGでQuestがあるものは多いですが、WoWはその数が尋常ではありません。恐らくLvを上げるのにQuestが足りないということはまず無いと思います。また報酬もかなり有用なGearがもらえたりするので、積極的にこなしていく事で、強くなると同時にLvも上がるという一石二鳥の仕組みです。

4Gamer.netさんにQuestの流れについて解説があります。WoWのQuestは分かりやすい表記になっていますが、ここで問題なのが当たり前ですが『Questの文章は英語で表記されている。』という所です。どこを読めばQuestの目的が分かるのか、Questを受けたものの行き詰ってしまった時どうしたら良いのかについて説明していきます。

Quest log

まずはQuest logを見てみましょう。Interface Panelにある『黄色いカップ』のIconをclickするとQuestlogのWindowが開きます。上の欄にはQuest名の一覧があり、そこでQuestを選択すると下の欄に全文が表示されます。

全文には当然ストーリーが書かれていて長文となっています。長文英語を見ると頭痛がするという私と同じ持病を持っている方は、下の方にあるQuest Objectiveという部分を見てみましょう。Questの目的が簡潔に書いてありますので分かりやすいです。『そこを読んでも分からない!』という時は検索サイトを使います。

Database Site

Questを進めていくと、『目的のNPCの居場所が分からない』、『目的のItemの入手方法が分からない』、『何かItemもらったんだけど、これ何に使うの?』等々つまずく事が多々あります。そこで役に立つのがDatabase SIteです。

当然Siteは英語ですが、情報量は半端ではありません。QuestもScreen Shot付きで説明されていたりするので、英語が堪能ではなくても分かります。NPCの座標も載っているのでとても便利です。この座標というのはデフォルトではゲーム内で表示されません。座標を表示するにはAddonが必要です。これはAddon導入の所でいくつか紹介していますので、参考にして下さい。

では、Database Siteをいくつか紹介します。
いわゆる老舗のSiteがThottbotです。Quest以外のDataも豊富に揃っています。Questの解説はUserの書き込み形式で、長くなっているものもありますが、有益な情報の書き込みには色が付いているので分かりやすいです。
最近使われるようになってきたSiteにWowheadがあります。こちらの方が読み込みが軽い感じです。Questの解説は個人的にはThottbotより見にくい感じがしますが、良く使われるようになったのはAddonとの連携です。WoWではAddonという個人製作の拡張ツールを使うことで画面が使いやすくなりますが、このAddonにWowheadの書き込みをGame内で確認できるものがでました。LightHeadedというAddonですが、Quest Log windowを開くと表示されているQuestに関するWowheadの書き込みを表示するWindowが表示される仕組みです。Screen Shotまでは見れないのですが、座標等が簡単に調べられるのでとても便利です。

Zone

Quset には適正Levelというものがあります。自分のレベルに合ったQuestをこなすのが最も効率がいいわけです。Quest Logに表示されるTitleの色が黄色・緑色が適正、オレンジはclassによっては苦戦します。では自分にあったQuestが無くなった時はどうするかですが、WoWはQuestの数がとても多いので無くなると言う事はほぼありません。それは無くなったのではなく、別の場所にあるのです。

世界は広いので、適正のAreaは世界にいくつかあります。1箇所でQuestがなくなっても別のZoneにまだ適正Questがあるという仕組みです。つまり、受けられるQuestがなくなったらZoneを移動するというのがWoWの基本になります。

『そうは言ってもどこに行けば良いか分からないんだけど』と困った時は、WoWWIkiにZone毎の適正レベルが載っています。Zoneの位置やFlight Pathsの位置については Kaldorei(World Map) を参考に。

Game内で便利なAddonが『FuBar_LocationFu』です。このAddonは現在の座標表示と現在のZone名の表示だけでなく、初期設定では表示テキストをマウスオーバーすると、自分のレベルに適正の ZoneとInstance名が表示され、行きたいZoneをクリックするとその道順まで表示してくれる便利機能があります。Zoneに詳しくない人にはオススメです。

Chain Quest/ Group Quest

Questの中にはいくつかのQuestが連続してStoryを作っているものがあります。これをChain Questといいます。Chain Questは全て終えると単発のQuestよりも良い装備が貰えたり、報酬の経験値も多くなるので最後まで進めたい所です。ただし、最後はほぼGroup を組んで行うGroup Questになります。

Group Questは Generalで募集していることがあるのでそれに参加するか、GuildかWowjp channelでhelpを頼むのも良いかも知れません。Quest LogにSugested [2] と書いてあるのは適正レベルが2人いればできますよという目安です。2人用であればsoloが得意なclassはsoloでできるものも多いですし、2・3人でやるぐらいのものは現地に行ってその場にいる人にhelpを頼むというのも一つの手です。

Group Questをやるときに『あ!Questを受けてくるの忘れた!』というのは良くある事ですが、WoWではQuestを1人受けていればそれをParty 全員に分けることができるシステムがあります。勿論soloのQuestもShareできます。例外としてはChain Questの場合Chainがそこまで終わってない人にはShareできませんし、ItemをNPCから受け取るQuestの場合はできません。 Quest LogのWindowの下の方にある『Share Quest』のbottonを押すだけで作業は完了です。相手が遠いとできませんので、場所は確認しましょう。

Page Top

Uber Link

Official Site

WoW News

Database Site

Map Site

Addon Site

File & Movie

Arena

Raid

日本語サイト