A Noob In World of Warcraft

How to Instance

WoWにはInstanceというダンジョンがあります。ダンジョンは各Level帯にそれぞれ適正の場所があり、内部には複数のBossがいます。Groupを組んでこのBossを倒すことが Instance攻略となります。Instance毎のQuestの報酬やBossがDropする装備が優秀であることと、内部の敵を倒すことで得られる経験値も大きいので、Instanceをなるべくこなした方がLevelingも楽になります。

Groupでの攻略になるので暗黙のルールというのもいくつかあります。日本人の多いRealmだとしてもInstanceは外国の方と組んで行くことが多くなるので、このルールを前もって知っておく方がトラブルを避けることができます。Groupを組んでInstanceへ行く流れについては4Gamer.netさんの解説が大変分かりやすいので一度読んでみてください。ここでは暗黙のルールと簡単な流れについて説明します。

Where's My Instance!!

『Instanceが良いのは分かったんだけどそれってどこにあるの?』

InstanceはそれぞれのLevelによって適正の場所がきまっています。どこのInstanceが適正なのか分からない時はWoWWiki に一覧表があるので自分のLevelにあったInstanceを確認してみましょう。各Instanceの説明には関連Questの一覧もあるので便利です。(受け忘れた場合は集合した時にQuest Shareを頼むのも手ですが、一部ShareできないQuestがあるので注意)

入り口が分からない時はMap Siteか公式のMapで確認を。 (公式のWorld Mapも情報が充実していますが、Flashが重いのとやや使いにくい印象があります。この辺りは好みでどうぞ。)

LFG/ LFM

『場所も分かったしQuestも受けたんだけど、攻略とか良く分からないし、そもそもPartyの相手がいないんだけど。』

Instanceに行くためにはPartyを組まなければいけません。現在WoWにはPartyを組みやすくする為の、LFG/ LFMというシステムがあります。Interface Panelの緑色の目の形をしたボタンを押すとLFG/ LFMのWindowが開きます。

LFG= Looking for Group (~をするPartyを探しています), LFM= Looking for Member(~をするPartyだけどMemberを探しています)という意味です。個人でPartyへの参加を希望する時にはLFGをPartyを組んだけど人が足りない時にはLFMを使います。ここで、Windowの上のほうにAuto Invite/ Auto Joinのcheckboxがあります。DefaltではONになってますが、色々なトラブルを避けるためにはOFFを推奨します。(Partyの構成に合わない場合無言でPartyをKickされても気にしない人はONでも大丈夫です)

LFG/ LFMのシステムで注意が必要なのは、適正LevelのInstanceしか選択肢に入らないということです。Levelが1足りない又は行きそびれて1 超えた時は自力で探すしかありません。このときはGeneral channelも良く使われます。『LFG VC pri』これはpriestがVC( Deadmine)に行くPartyを探しています。という意味になります。『LF2M RFC need Tank』これはRFC(Ragefire Chasm)に行くMemberを2名募集、内1名は盾役が必要です。という意味です。この様にInstanceの名前は略語が使われるのが一般的です。WoWwikiの一覧表に載っていますのでそちらを参考にして下さい。Chat channelで入りたいGroupを見つけた時は発言者の名前をクリックすると1対1 chatができます。

Party

Groupでの戦闘をスムーズにするためには自分の役割を理解しておく必要があります。また、WoWはclassの縛りがゆるいですが、それでも最低限必要な枠があります。一つは盾役= Tank、もう一つは回復役= Healerです。

Instance 内はEliteという同じLevelでも格段に強く設定されている敵(Mob)が多数配置され、一度に多数のMobと戦闘をすることになります。 Tankはこの複数のMobが他のMemberに行かないように自分に注意を向かせる(Threatをとる)役割です。敵の攻撃を受ける役なので当然防御力の高いPlate class (Warrior, Paladin)、クマに変身したDruid辺りが担当します。Paladin/ Druidは序盤はTalentは関係ありませんが、中盤のLevel以降はそれぞれProt/ FeralのTalent を取っている人でなければTankとしては難しくなってくるので、事前に相手のTalentは確認しましょう。

この Talentの事をWoWでは『Spec』と言います。『What are you spec?』と聞かれたら『Talentはどの項目に振り分けてる?』という意味です。特にハイブリッドのclassでは聞かれる事が多くなると思います。聞かれたら自分が一番Pointを使っているTalent Treeの名前を答えましょう。

Tankと同様必須なのが Healerです。Lv60ぐらいまでは回復Spellを持ったclassは装備さえあればTalentにあまり拘らなくても可能です。Druid/ Paladin/ Priest/ Shaman がこれに当たります。可能は可能なのですが、『装備無いからやりたくない。』『やったことないからHealerやりたくない。』と断る人もいるので誘う前又は入ったときに『Can you heal?』と確認するのが安全です。

Tank とHealer以外はDPSの役割になります。DPSの役割は『TankのThreatを超えないように攻撃して敵を倒す事』です。ThreatはMob への攻撃やアビリティの使用、味方への回復等で増えるもので、Threatが一番高い人にMobは攻撃をします。Tankより高いThreatになると敵に殴られ大ダメージを受けて死ぬ事もあるので重要な事です。Threatを測定するAddonはありますが、入れてない人のThreatは分からないので常に敵のTargetを確認しながら攻撃する癖をつけた方が安全です。Talentにもよりますが、DPSはほぼ全てのclassが可能です。

もう一つ大事な役割がCC (Crowd Control) です。Instanceでは同時に複数のMobを相手にする事になるので、攻撃しているMob以外はできる限り動けなくするのが安全です。Mobがこちらを攻撃できない状態にする事をCCと言います。これが上手くいかないとTankやHealerが死んで全滅(Wipe)する事も珍しくありません。 Instanceの敵によって効果的なCCが変わるので、場所によって2個ぐらいのCCがPartyにあると割と安全に攻略ができます。『無くても何とかなるけどあった方が楽。』CCはそんな存在です。(中盤以降は何とかならない事もあります)自分のclassがどのCCを使えるのかという所は確認しておきましょう。4Gamer.netさんの説明が分かりやすいです。

Meeting Stone

Party Memberが揃ったらInstanceに向かいます。WoWでは適正QuestのZoneが複数あるのでInstanceからかなり離れた場所にいる事も珍しくありません。そんな時に便利な機能がMeeting Stoneです。各Instanceの近くにある大きなこの石はParty Memberが2名いれば他のMemberをその場所に召喚できる機能があります。

使い方は簡単で、まず一人が召喚したい MemberをTargetした状態でMeeting Stoneを右クリックします。すると光のもやもやしたものが出現するので、もう一人がそれを右クリックし、もやもやが消えるまで動かずに待ちます。これでOK!全員揃ったらいよいよダンジョンに突入です。

Combat

では実際の戦闘の流れです。

まずはParty Memberに強化魔法(Buff)をかけます。Mageがいる場合は『Water (Food) plz』とお願いすると魔法で作れる水(パン)を配ってくれる事もあります。(普通はくれますがくれない事もあります・・・。)Warlockがいる場合はここで蘇生魔法(rez)を持っている人にSoul Stone(SS)というBuffをかけます。これがあると死んでも1度だけその場で復活ができるので、全滅(Wipe)した時もすぐにやり直す事ができる便利魔法です。Shmにも自分だけに有効なその場復活の魔法があります。どちらも再使用時間(CD)が長いのでお守り程度に考えましょう。

Buff が終わりManaが回復したら戦闘開始です。まずはMobをCCするかどうかを決めます。これはPartyのLeaderが担当します。Leaderは MobにMarkをつける事ができるので、あらかじめMarkと対応するCCを決めておくとchatで説明しなくても、スムーズにCCができます。(例えば star= poly moon= sap だと星のマークはMageのPolymorph、月のマークはRogueのSapという意味になります)このため、LeaderはPullをする人つまり Tank役に渡す事が多くなります。Tank役がなれてない人の場合は、Markingだけ他の慣れている人にお願いするのが安全です。

CC の分担が決まったらMobに攻撃をしかけ、自分達のいる場所に移動させる『Pull』を行います。Mobのいる場所で戦闘を開始すると近くにいる他の Mobが一緒に攻撃してくる事があるのでPullはとても重要です。最初に攻撃した人に向かって全てのMobが走ってくるため、TankがPullする事が多くなります。

Mobへの攻撃で重要なのが『1体を集中して攻撃する事』です。この最初に攻撃するよのMarkで良く使われるのがドクロ(Skull)のMarkです。どの順番でMobを倒すかについてはあらかじめCCのMarkを使って決めておくPartyもあります。(例えばSkull> Cross> Moon> Starだとドクロ>バツ>月>星 の順に倒しますという意味です)マメなLeaderの場合はSkullを順番に付け替える人もいますが、かなり稀です。順番を決めていないPartyの時は他のDPSの攻撃している相手をAssistしましょう。Tank役は頻繁にターゲットを変えるので、迷った時は他のDPSとターゲットを合わせるようにするのが無難です。何より重要なのが『CCをしている敵を攻撃してCCを無効にしないこと』です。それさえ守れば多少Targetがずれてもなんとかなります。

Loot

戦闘が終わったら敵のDrop Itemを拾います。これをLootといいます。soloの時は全て自分が取得できますが、Partyの時にはいくつか分配方法(Loot Type)があります。pug (pick up group = 友達同士ではなくInstanceのために集まったGoup)の場合はGroup Lootという方式が一般的です。5人で順番に敵のItemをLootできる方式です。ただし、Itemの名前が緑色以上の場合はサイコロの数で一番高い人がもらう『Roll』というsystemになります。

緑以上のItemが出ると画面下にRoll用のWindowが表示されます。ここには3つのボタンがあり、サイコロ=Need、お金=Greed、右上のバツマーク=Passとなります。 Realmによりこの辺りの作法が違いますが、Blackrock のAllianceではBoE(Auction Houseで売れるItem)は全員Need、BoP(自分でしか使えないItem)は自分で装備したいという人はNeedで装備しない人はPassという暗黙のルールがあります。

一方、管理人が最初にいたFrostmourneのAllianceではBoEは使う人はNeedその他の人はGreedというルールでした。分からない場合は周りの人の行動を盗み見て空気を読みましょう。このルールを間違うと、キレる外人さんもいるのでご注意を。(最初間違えても 『sry my mistake』で次からきちんとやれば大丈夫です。)

BoPのItemをNeedする人がいなかった場合、コマンドのRoll機能で拾う人を決めます。『/roll』を実行するとランダムの数字が表示され、数字が一番高い人がもらいます。この時普通に拾うと使い道のないItemなので店売りするしかないわけですが、PartyにProfessionのEnchantを選択している人がいた場合、Itemを DisEnchanting(DE)して素材に変えることでAuction Houseでより高値で売ることができるようになります。

WIPE!

と、上手く流れていけば良いのですが、大抵はどこかでつまずいて全員死亡の事態になります。これをwipeと言います。

『wipeしたらどうすればいいの?』まずは生き返ることです。Shamanの自己蘇生、WarlockのSoulstoneが無い時にはフィールド同様に墓場にGhost状態で飛ばされます。このままInstanceの入り口に入るとInstance内部の入り口で蘇生され、そこから徒歩でwipe地点に向かいます。全員揃ったら再びbuffをかけ戦闘再開です。

It's the pug party!

最後に、pugでInstanceに行く時によくある事について

ちなみに全て管理人の実体験に基いております。pugには色々な人がいます。良い人がいるように変な人もいます。嫌な思いをした時大事なのは『これはゲームなので我慢する必要はない』ということです。嫌ならNOと言いましょう。変な人と一緒に居たくないと思ったらPartyを抜けましょう。『もうこの人とは関わりたくない』と思ったらIgnore Listに入れましょう。pugで我慢しても大して良い事はありません。

勿論嫌な事ばかりでなく、面白い人とも出会えるのがpugの良い所でもあります。ただし、色々な人が集まるので上手くいかない事は決して珍しい事ではないということは覚えておいて下さい。

Page Top

Uber Link

Official Site

WoW News

Database Site

Map Site

Addon Site

File & Movie

Arena

Raid

日本語サイト