A Noob In World of Warcraft

Let's speak English!

WoWでの公用語は英語です。様々な国籍の人が集まっていますので、英語が母国語ではない人も珍しくないですが、個人的なコミュニティーを除いては英語でやりとりしています。仲間内では日本語で話していても、pug(野良パーティー)では指示を確認するのに英語が必要ですし、通りすがりにクエストを手伝ってもらった時に無言ではお互い寂しいものです。

『英語無理!』と思っている人でも、『Hi』や『Hello』といった挨拶は分かると思いますし、『Thank you』なんてカタカナで書けばほぼ日本語と言っても良いのではないでしょうか。日本人は案外英語を知っています。その程度と思いがちな言葉ほど使うものです。また、基本的にネットゲームの専用用語・略語が使われる事が多いので、それをある程度覚えておけば大体意味は分かります。パーティーでの指示など定型文のようなものです。

ネットゲーム共通の略語や、場面毎の会話例等があり私もとてもお世話になっているサイトが、ねっとげーむの英会話。さんです。特に、ゲーム単語・略語集はこれが無かったら途中で挫折したかもしれないぐらい役に立ちました。

英語でくじけないために一番必要なのは、分かった振りをしない事です。意味が分からなかったら『どういう意味?』と聞きましょう。大部分の外国人プレイヤーは親切で、英語ができないからといって仲間はずれにはされません。するような人に出会ってしまったら、運が悪かったと思って忘れましょう。殆どの人は、英語苦手だと伝えると簡単な言葉で説明してくれます。こちらからの言葉も、単語の羅列のような状態であっても、相手が行間を読んでくれて何とかなります。怖がらずに話しかけていきましょう。

では、使う事の多い単語や会話をいくつか紹介しておきます。

まずは挨拶

" hi "
この挨拶は万能です。朝昼夜関係なく使え、partyに入った時もこの挨拶だけで大丈夫。 " hey " " yo "等の変化形があります。

" ty "
これも良く使います。日本語で言う『ありがとう』で、thank youの略語

" np "
『ありがとう』や『ごめん』を言われた時に、『気にしないでいいよ』という意味で使います。no problemの略語

" sry "
これは『ごめんなさい』の意味です。sorryの略語ですね。『私が悪いの、ごめんね』は" sry my bad "

" cya "
これは『またね』の意味です。c= see ya=you みたいです。音をアルファベットに当てはめて" cu "というのもあります。勿論" bye "でも正解です。『誘ってくれてありがとう。またね』は" ty for invite, cya "

Party勧誘での会話

" wanna party? "
『party組まない?』 wanna= want to 。Instanceの誘いは" wanna MS ? "の様に通常Instanceの略称が使われます。略称はWikiのInstance一覧にあります。

" yes, please "
上のお誘いへの返答。『はい、お願いします』 断るのは理由をつけてもよし、シンプルに" I cant " や面倒なら" no "でも通じます。

" are you spec? "
whatついてませんが、『あなたのスペックは何?』。スペックはTalentの事です。たとえばPriestでShadow Talentにpointを使っていたら答えは" shadow "です。つまり、dpsにTalent振ってるよという返事になりますが、それで相手がhealerを探している時は、" can you heal? "と聞かれることも。中盤まではあまりTalentで差がつかないのでやる気があれば" yes "で大丈夫です。

Tank/ Healer/ DPS
Tankは盾役でWarrior/ Druid(Feral)/ Paladin(Prot)が担当します。Healerは回復役で回復魔法のあるclassのDruid(Rest)/ Paladin(Holy)/ Priest(Disc/Holy)/ Shaman(Rest)が担当します。()内はTalentですが、Lv60ぐらいまではDPS specでもhealerは可能。

LFG
LFG= looking for group つまり入るグループを探しているということ。" LFG ZF "はZF(というInstance)に行くparty探してますという意味。

LFM
LFM= loocking for member つまりメンバー募集中。" LF2M ZF need tank "ZFに行くpartyに空きが2名で一人は盾役を募集中となる。

"can i join? "
募集への応募。『入れてくれませんか?』または、" any room for me?"『私は入れますか?』room= 空き

PUG
pick-up groupの略。日本で言うと野良パーティー。知り合いじゃない人で組んだparty。

"plz summon "
Instanceにたどり着く自身が無い時、『Meeting Stoneで召還して』とお願いする。

Instance攻略中の会話

CC
crowd controlの略。敵を攻撃できない状態にしておくこと。class毎に使えるCCが違うので、詳しくは4Gamer.netさんを参照して下さい。

skull/ cross/ star/ circle/ moon/ triangle/ dia/ square
リーダーが敵の頭上につけるマークの形。これでCCするターゲットを割り振る。" star=poly square=trap skull&cross=tank first is skull, next cross, square, star "は、『星マークをmageのpolymorph、四角をhunterのfrost trapでCC。ドクロとバツはtankがターゲットをとり、ドクロ・バツ・四角・星の順で倒す。』という意味になります。

pat
Instanceの中を巡回している敵のこと。roamとも言います。

" rdy? "
『準備はいい?』戦闘開始前の確認。準備が良ければokとかyesとか答えれば良い。待って欲しい時は" sec "

afk/ brb
『席をはずします。』

" back/ bk"
『(席外してたけど)戻ったよ。』おかえりーは" wb (welcome back) "

aggro
敵が襲ってくる事。近づきすぎると襲ってきます。

pull
敵を自分たちの方に持ってくる=戦闘開始。pullは盾役がすることが多いが、場所によってはpoly pull( polyをかけて戦闘開始)する事も。

" back! "
他の敵が近くてこちらに反応しそうな時に、『(場所を)下がって!』

add
pullしたpack以外の敵が反応して襲ってくる事。(大抵patがaddします)

" run! "
『走って逃げろ!』

wipe
逃げ損ねて全滅した様子。

res/ rez
蘇生魔法の事。戦闘中は使えない。Paladin/ Priest/ Shamanが使える。(Druidは戦闘中も使える蘇生魔法がcooldownが長い)

gratz!
『おめでとう!』誰かがレベルが上がったり、itemをゲットできた時に。返事は普通に" ty "で。

" enchanter? " " can anyone DE? "
enchanterがいると必要ないBoP(拾ったら他人に渡せないitem)を破壊(DE)してEnchant素材にリサイクルできるので探される。素材は/rollして勝った人がもらう事が多い。

" gtg "
I got to goの略。『(用事ができて)もう行かないと。』つまり用事ができたからpartyを抜けるという意味。途中抜けは普通にありなので、抜けたい時はいつでもどうぞ。代わりに入るメンバーの事はreplacementと言います。
これにはもう一つ意味があって、good to goの略ですぐ出発できるの意味にもなります。"LF1M tank gtg"で『tankを1名募集。見つかったらすぐ出発します。』というような意味になります。

" ty for party "
『party誘ってくれてありがとう。』良いpartyに当たったら最後にご挨拶。

アイテム売買

WTB
want to buyの略。『~買います。』

WTS
want to sellの略。『~売ります。』

pst
please send tellの略。『whisper下さい。』

" I'll take ~ "
『~が欲しいです。』WTSにwhisperする時に。

" how much? "
WTSに対して値段を聞く。『いくらですか?』

" how much is your offer? "
how much?と聞かれ、値段はっきり決めていない時に。『いくらなら買う?』

Page Top

Uber Link

Official Site

WoW News

Database Site

Map Site

Addon Site

File & Movie

Arena

Raid

日本語サイト